「新型コロナウイルス対策」

「新型コロナウイルス対策」

できる限り健康でいつづけるために病原菌としての、新型コロナ対策をお伝えしたいと思います。

これを読まれているあなたは、慌てず騒がず、報道に不安にならないことが大切です。


新型コロナは感染症です。

感染症に対する対策を徹底するのが個人における最適の対処法となります。


まずは、基礎的なことを知ってください。

侵入経路は基本的にはたったの3つ。
目、鼻、口の粘膜。これだけです。q02


一番の問題は手です。

手は皮膚のバリアーに覆われており、
そこから感染することはありません。
その汚い手で目をこすったり、口に手を入れたりしたら感染します。

例えば、外出から帰ってきて、手を洗わずに箸に触ったりとか。
手を洗わずにパンを素手で食べたりとかですね。


では、具体的な対策として

1.うがい、手洗い、マスク、特に手洗いが重要です。

予防3枚セット

新型コロナは上気道系、喉と肺で増殖します。

マスクによってウイルスをシャットダウンするのはむずかしいですが、マスクは喉の湿度を保ち、乾燥した空気で粘膜バリヤが剥がれるのを防止する効果があります。

唾液の飛翔を防ぐためにも役立ちます。

マスクは布マスクが手に入りやすいのでお勧め。
ハイターでつけ置き洗濯が出来ます。

縫える人は、立体マスクの型紙がネット検索で無料であります。

鼻づまりで、日頃から口呼吸をする人は要注意です。

images (2)

イビキをかく、朝起きたときに口が渇いている方は、睡眠中もマスクを使用するか、口テープを貼って喉が乾燥し感染しやすくなるのを防いでください。


2.身体を冷やさない(冷たいモノをできるだけ飲まない、食べない)

温飲食、生姜、大根などを摂取して、腸を温める。(最大の免疫組織が腸にある)

首、手首、足首を冷やさない。(血液循環をふやす)

ゆっくりお風呂に浸かって体を芯から温める。

005794.smpl


3.バランスの良い食事を摂る

タンパク質をしっかりと摂り、炭水化物は控えめに。

そして、食べ物に感謝して、美味しくいただきましょう。

illustration


4.お茶、紅茶をよく飲む(温かいモノを飲む)

カテキン、紅茶ポリフェノールが抗ウイルス作用があります。

生姜紅茶など。

体を温める作用としては、白湯を飲むのもお勧めです。

141466432279244955178_image04


5.テレビ断食・お笑いなどをみる

不安や恐怖で視聴率をとっているワイドショーやニュース番組をみない。

不安は免疫力を下げます。笑いや笑顔はNK細胞(ナチュラルキラー)が活性化するというデータがあります。(免疫力が向上)

916e1e51-414463


6.部屋の湿度を50~60%に保つ(粘膜の潤いを保つため)

publicdomainq-0037335xhv
7.疲れ管理の徹底(睡眠と運動です)

運動習慣がない人は、仕事が運動なので、プラスして運動する必要はありません。

睡眠時間をいかにとるかがポイントです。疲れていたら、遠慮なく仕事を休む。

休みの日や休憩時間は昼寝をする。

5分以上目を閉じるだけでも効果的です。

出来れば、1日に8時間以上横になる(骨休め)

publicdomainq-0023127gxe


と色々と書いてきましたが、これらは全てあなたの免疫力を高めるためのモノです。

「免疫力とは、人の体に本来備わっている自然治癒力で、体の中の自分とは異なる異物を認識し排除する力です。」

つまり、免疫システムとは、体内の病原菌や異常な細胞をやっつけることによって私たちの体を病気から守ってくれる仕組みのことです。

unnamed (2)

この仕組みがちゃんと働くための環境を整えることが大切です。
では、この免疫システムを司っているのモノは何か?というと、自律神経です。

ですから、自律神経のバランスを整えて免疫機能を正常に保つことが、免疫力を上げることになるのです。


免疫力を高めるためには、先に記した7つの項目が上げられますが、それ以外にどのようなことを心がければ、自律神経のバランスを整える=免疫機能を正常に保つことができるのでしょうか?

それは、カイロプラクティック(整体)などの骨格矯正で自律神経を整えることです。

web_2__03__5

自律神経の働きが乱れ、アクセルの働きをする交感神経ばかりが優位になってしまうと、免疫機能が正常に働きません。

カイロプラクティック(整体)は、骨、筋肉などを調整することで、血液循環を改善し、自律神経の流れを整え、自然治癒力を活性化させる治療法です。

つまり、積極的に整体治療をすることで、免疫力を高め、新型コロナを発症させない身体を作っていけます。


さらに、当院では1月から、さまざまな症状に応じた治療をした上で、ヒーリングウエーブという機械を使って、音響共鳴療法を行っています。

これは、健康な各器官・臓器などが固有に持っている音(周波数)を聞かせ、体に共鳴共振させることで、本来の健康な振動を取り戻す音響振動療法です。

20160913_527a63


院内のコロナウイルス対策としては、加湿器に次亜塩素酸水を入れて空間除菌を行い。

ドアノブ、ベッド周りなども次亜塩素酸水のスプレーで除菌。

わたしも手洗い、うがいを徹底し、患者さんが帰られた後の換気なども行っています。

消毒


今後、新型コロナが消えたとしても、次に同じような騒動も起きるでしょう。

どんな時代になっても、来られるみなさんが快適な生活を過ごせるようにサポートをするのが私の役目だと考えています。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

このページの先頭へ