ヘルニアで腕がしびれる

神戸市北区で1996年に開業して以来、30000人を越える施術
経験を元に、さまざまな症状で悩む患者さんに対応してきました。

私が経験した「ヘルニアで腕がしびれる」について、当院の考え方や施療方
針などについて書きましたので、お読み下さい。

 

◎特徴


 変形性頸椎症は50才以上に多く、頸椎椎間板ヘルニアは
 20~40才代に多い。


 2つ併せて頸肩腕症候群という。症状は似ており、
 首・肩・腕のしびれや異常感覚、首の痛みがある。

73c2f660d16cad494e9d0d1ef76e333c-e1493258635846

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎症状と原因


 1日中同じ姿勢でパソコンに向かっている方などに
 多い疾患です。


 首から肩に痛みや、しびれがある。
 異常感覚が伴う場合もあります。


 最初は何となく、手や腕の感覚がおかしい。
 でも手は動かせるといった症状です。


 それが進行すると、手や腕を動かそうと思っても
 思いどおりに動かせない。


 さらには手の指がカギ形に曲がってしまうという
 ような運動障害、筋力低下を伴う場合もあります。


 このような症状をまとめて頸肩腕症候群
 (けいけんわんしょうこうぐん)といいます。


 一般的にこの疾患は、20代から40代の方の場合には 
 「頸椎椎間板ヘルニア」、50代以上の方の場合には
 「変形性頸椎症」と命名されます。


 50代以上の方の場合は、多かれ少なかれ加齢に
 よる骨の変形があるため、このように判断される
 のが現状です。


 特に外傷を負っていない.しかし、首や肩、腕に痛みや、
 しびれや異常感覚がある。


 ある特定の筋肉の使いすぎである筋肉疲労だとは
 言い切れない。


 このように原因はわかっているものの疾患の本質
 がハッキリしない場合は「症候群」と診断されます。


 「頸肩腕症候群」も、まさにそのひとつです。


◎治療法


 一般的な病院の検査では、頚部レントゲン検査を
 して、少しでも変形が認められた場合は変形性
 頸椎症と診断されます。


 また、変形がない場合は、MRIやCTスキャンを
 行い、左右に偏りがある場合は「頸椎椎間板ヘルニア」
 と診断され、左右の偏りがない場合は「原因不明」と
 診断されます。


 しかし実際のところ、骨の変形やヘルニアがあっても
 症状のない方がほとんどです。


 問題は変形やヘルニアの状態を作っている筋肉の
 緊張です。


 骨だけで動くことはできないのです。筋肉が支えて、
 動かしているのですから、筋肉のバランスを整える
 ことで症状は改善されます。


◎当院ではこのような施療を行います。


 初診時に、しっかりと問診・検査をさせていただき、
 まずあなたの症状の原因をしっかりと突き止めます。


 つまり、肩や首に関係する筋肉を緊張させている原因を
 特定します。


 そして、AKS療法でやさしく骨盤や背骨を支える筋肉の
 バランスを整えて、首や肩の周りの筋肉の緊張をゆるめ
 ます。


 その結果、圧迫されていた神経や血管が解放され、
 痛みや不快な症状が改善されます。


 もちろん痛みを伴うような施療はありませんので、
 ご安心下さい。


 治療効果を高め再発を予防するために、簡単に自宅で
 出来るエクササイズもご指導いたします。


 バリバリ仕事をしたい、スポーツを楽しみたい、痛みを
 気にせず趣味や旅行を楽しみたいなど・・・


 そんなあなたの思いを実現するお手伝いをいたします。


 分からないことは何でもご相談ください。


==========================================

【神戸市北区の整体マッサージ】

 松岡カイロプラクティック
 http://www.soutaido.jp/


 神戸市北区谷上南町17-19
 (谷上駅から徒歩8分です)

 TEL 078-583-3024

 診療時間:9:00~20:00

「ホームページを見て…」とお電話下さい。
《予約優先制  初めての方は1日2名まで》
 お気軽にご相談下さい。

定休日:木・日曜日(不定期で営業)

☆初回限定特別割引を始めました!
 1ヶ月10名の限定です。

==========================================

このページの先頭へ