臨月の妊婦さん、脚のつけ根の痛みと仙骨の張り

10022妊娠初期から定期的に来院されているUさん、本日は
脚のつけ根の痛みと仙骨の張りを訴えられました。


臨月で、産婦人科の先生からしっかりと歩きなさいと
言われているのだが、脚のつけ根が痛くて歩き
づらいと言われました。


また、上を向いて寝たときに、お尻の仙骨の辺りが
張って時々痛むとのことでした。


そこで、体の調整をする前に、ご自身でも簡単に
できるセルフケアをお伝えしました。


まずは、体のバランスのチェックから


普通に歩いてベッドの周りを1周してもらってから、
腰幅に脚を広げて姿勢良くたってもらい


体幹のバランスをチェックすると、前後左右
ともにフラフラとして安定していません。


そこで、両手を太ももの所において、ゆっくりと
体を捻らずに歩いてベッドの周りを1周してもらい、
再度バランスチェックを行ったら、全ての方向で
安定していました。


これには、Uさんもビックリ!!


そして、「歩くときに脚のつけ根に負担がかからない」
「これなら簡単なので、歩くときに意識してやってみます」
と言ってくれました。


そして、次はベッドの上で膝を立てて仰向けに寝て
いただきました。


「お尻が圧迫されて仙骨の辺りがちょっと痛い」
と言われましたので、「両手で恥骨の上辺りから、
お腹の赤ちゃんを抱えるようにして、胸の方へ
持ち上げるようにしてみてください」と言うと


「あっ、お尻(仙骨)の痛みがなくなりました」と
言われたので、「そのまま、ゆっくりと深呼吸を
5~6回繰り返して下さい。これを、1日に何度か
繰り返すと痛みが楽になりますよ!」とお伝え
しました。


もし、あなたが妊婦さんで、股関節の痛みがあったり、
お尻(仙骨)の痛みがある場合は、同じように
試してみて下さいね。


この後は、仰向けの状態でAKS療法で左右の脚とお尻の
筋肉の緊張をゆるめると、「うわ~、何だか脚が伸びた
感じがして、すごく軽くなりました。お尻の痛みも
全然ありません!!」と言って喜んでいただきました。


予定日が月末なので、もう一度来ますと言って
予約を取って帰られました。

妊娠中の肩こり、腰痛、股関節の痛み、お尻の痛みなどで
お悩みの方は、どうぞ気軽にご相談ください。
松岡カイロプラクティック


骨盤矯正体操は、こちらを参照して下さい↓
https://bit.ly/2DqXGNs

本日の施術をご希望の方は、
「ホームページを見て」と
お電話にてご連絡下さい。


明日以降のご予約はこちらから↓
http://matsuoka.pos-s.net/reserve/?shop_cd=1

コメントを残す

このページの先頭へ