立ち上がるときに腰が痛む

yotu本日、来いただいたTさん(30代男性)、月1回のメンテナンスで
来られています。


お体の様子を聞いてみると、毎日1回は骨盤矯正体操をしているが
座っていると腰のまん中辺りが痛むとのことでした。


そこで、どの動きで痛みが出るのかを確認すると、前屈・後屈で
痛みが出て、その他の側屈、回旋(ねじり)では痛みがありません。


そして、イスなどから立ち上がるときに痛みが出るとのこと。


仕事がパソコンに向かっての作業だと聞いていたので、何時間くらい
座っていて、休憩時間にはどうしているのかとたずねると


「ほぼ一日座りっぱなしで、お昼休憩の時に席を立つくらい」
だと言われました。


そこで、前後の動きで痛みの出るという筋肉をゆるめるストレッチを
痛みのない範囲でゆっくりとやってもらい、もう一度前屈・後屈を
やってもらいました。


すると、「あっ、痛くない! 何で?!」


Tさんの場合、元々骨盤のゆがみを作る座り方や歩き方のクセが
あったのを以前に修正したのですが、また少しクセが戻って
きたようです。


1日1回の骨盤矯正体操は良いのですが、ほとんど動かない座りっぱ
なしの生活は、腰や骨盤周りの筋肉を緊張させてしまいます。


その緊張が積み重なって、痛みが出てきていたんですね。


ベッドの上で、再チェックをすると動きによっては、腰のまん中辺りの
奥の方が痛むと言われたので、股関節と骨盤の調整をして痛みは解消
されました。


今回は、別の体操を指導させていただき、必ず仕事中に数回は立ち
上がって、オフィス内か外を歩くようにとお願いしました。


同じ姿勢で動かないというのは、筋肉にとって一番の負担となります。
少なくとも1~2時間に1回は、体を動かすことが大切です。

 

腰痛、ぎっくり腰、背中の痛みなどでお困りでしたら
何時でも、気軽にご相談ください。
松岡カイロプラクティック


骨盤矯正体操は、こちらを参照して下さい↓
https://bit.ly/2DqXGNs

 

本日の施術をご希望の方は、
「ホームページを見て」と
お電話にてご連絡下さい。


明日以降のご予約はこちらから↓
http://matsuoka.pos-s.net/reserve/?shop_cd=1

コメントを残す

このページの先頭へ