インフルエンザの予防

92f0eff11b4b4194c7579404800114e3

 

 

 

 

 

 

 

 

インフルエンザが流行っていますね。


簡単な方法で予防できますので
ぜひ実践してみてください。
※風邪も同様です。


インフルエンザは主に、インフルエンザに
感染した患者さんの咳(せき)やくしゃみ
などのしぶきに含まれるインフルエンザ
ウイルスを吸い込むことによって感染します。


これを飛沫(ひまつ)感染といいます。


弱毒性のインフルエンザ・ウィルスは、
ノドの粘膜から体に入り増殖します。


ノドの粘膜は湿っていると抵抗力が十分
発揮されますが、乾燥すると表面の「のど線毛」
が死んで剥がれ落ちるため、簡単にウィルス
の侵入を許してしまいます。


インフルエンザウイルスは、呼吸とともに
鼻やのどから体内に入り込み、気道の粘膜に
吸着して細胞内に侵入します。


感染したウイルスは、のどや気管支、
さらには肺で急激に増殖して、感染2日
後にはウイルスの増殖はピークに達し、
その後減少します。


ですから、気道の粘膜でしっかりウイルスを
食い止めることが大切なんです!


では、インフルエンザを予防するには?


①水をゴクンと飲む(えんげ)ことで、
のどの乾燥を防ぐ


のどが乾燥しているとウイルスが繁殖
しやすくなるが、えんげを行う事で
のどの乾燥を防ぐと共に、喉にいる
ウイルスも洗い流す事ができる。


洗い流されたウイルスは胃の中の
胃酸で死滅する。※お茶でも大丈夫


えんげを行う頻度の目安は、10分~
15分おきに1回行うだけで良い。

150122_heatofchildren-suibun

 

 

 

 

 

 

 


※就寝時にも効果がある。

暖房などで部屋が乾燥した場合、
枕元に水分を用意しておき、目が
覚めた時に一口えんげを行う事で、
ウイルスの繁殖を防ぐ事ができる。


②日光をしっかり浴びて、ビタミンDを作ること


日光を浴びる事でビタミンDが生成され、
免疫力がアップする。

bitaminD02

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ビタミンDは、骨を強くする効果の他、
免疫力をアップする効果もある。


体内のビタミンDの約9割は、日光を
浴びる事で生成される。


※日光浴は1日に20~30分で良い。
(1日の合計でOK)


③睡眠をしっかりとる


睡眠不足は免疫力を低下させる。
大人で6時間、中学生以下なら8時間以上
は必要です。

20160322071114

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しっかり睡眠時間をとることで、免疫力が
アップしてやる気も元気もアップする。


④体温を上げる


お薦めは、お風呂にゆっくりつかって、
体の芯から温まること。

087351-1024x797

 

 

 

 

 

 

 


体温が上がり免疫力がアップします。


どれも簡単なことなので、
ぜひ実践してくださいね。(^o^)/

 

神戸市北区の整体院「松岡カイロプラクティック」
頭痛、肩こり、腰痛、顎関節、O脚矯正、
自律神経失調症はお任せ下さい。

コメントを残す

このページの先頭へ