みどりの風通信10月号

mig (1)涼しい秋風に高く澄んだ空、大きく深呼吸したくなるような
気持ちの良い季節ですね。


お元気でお過ごしでしょうか。

最近、ご近所を散歩していると、さわやかな風に乗って
キンモクセイの甘い香りが感じられました。


少し足をのばして有馬街道の旧道を歩いていると
黄金色に実った稲をバックに真っ赤な彼岸花が
咲きほこっている場所を見つけました。


かっては、この季節になると、どこででも見られた
風景でしたが、今では探さないと見ることができない
のは、寂しい限りですね。


ところで、彼岸花の別名を知っていますか?
それは、曼珠沙華(まんじゅしゃげ)


調べてみると、サンスクリット語で、天界に
咲く花という意味だそうです。


すごく成長が早くて、1日目に芽が出て、2日目で
なんと20センチも伸び、5日目にはつぼみが赤く
色づき、7日目で開花するそうです。


私の治療技術も、こんなスピードで上達できたら
嬉しいのですが(苦笑)


あなたも、小さな秋を探しに、近くを散策してみては
いかがでしょうか。


ただし、寒暖の差がある季節ですので、何か上に
羽織るものを持ってお出かけくださいね。


さて、「みどりの風通信10月号」をアップしました。
どうぞ、ご覧ください。

みどりの風通信10月号2017.10-0120171004 みどりの風通信10月号2017.10-0220171004

コメントを残す

このページの先頭へ