「自分で作る風邪薬・胃腸薬『第一大根湯』の作り方」  

illust

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ冬本番、みなさん風邪ひいていませんか?

のど、イガイガしていませんか?

足先が冷えてなかなか寝つけない人いませんか?
急な気温の変化でお腹が張ったり、胃腸の調子
崩していませんか?

肩こり、生理痛、ひどくなっていませんか?

今回は、風邪やのど痛の諸症状から血行、胃腸の不調にまで
効果のある万能な漢方、

「第一大根湯」の作り方をご紹介します。


今すぐ作れる、超簡単な風邪薬。

飲み終わった後は、冷たかった手足がすぐにぽっかぽかに。
かなり即効性があります。

お布団の中でもポカポカが持続しますから、
ぜひ試してみてください。

sam4

 

 

 

 

 

 

 

「第一大根湯」の一般的な効能は、

風邪の時の発熱、せき、のどの炎症・イガイガ、関節の痛み。
他に腰痛、肩こり、頭痛、急性の膀胱炎、尿道炎、中耳炎、
肌荒れ、不眠、鼻炎。

胃痛、胃もたれ、胸やけ、お腹のはり、便秘、下痢など
消化不良による胃腸の諸症状。

そして、動物性タンパク質やニコチンの解毒・分解にも
効果があります。

また、アトピーの改善に効く伝統的な民間療法の
ひとつでもあるそうです。

 

作り方はほんと、レシピといえないぐらい簡単!

大根おろし大さじ3と、
生姜のすりおろし小さじ1と、
醤油大さじ1を、
熱い番茶(またはお湯)2カップで割って、
熱いうちに飲むだけ。

img_8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発熱時には全量を飲みます。すぐに発汗してきます!

その他の不調や症状の場合は半量でじゅうぶんです
(飲み過ぎては×)。

できれば三年番茶がおすすめですが、なければほうじ茶や
ただのお湯でもOK。

緑茶はカフェインが多く含まれるのでNGです。

要は「生姜の効いた醤油味の大根おろしスープ」。

醤油の量は飲んで「おいしい」と感じる程度で大丈夫。
その他の材料も基本的においしければ正確じゃなくて
目分量で大丈夫。

 

症状別:飲み方のタイミング

風邪による高熱の場合は寝る前に全量を飲み、このまま
布団に入ってください。

身体がポカポカし、すぐに汗が出てきて、解熱効果が出ます。

なかなか汗が出てこない場合はまたしばらくして、
もう1杯飲んでも。

胃痛や膨満感、下痢など胃腸の不調の方は、できれば
夕食の代わりにこれだけを飲みます。

または夕食を軽めにして、この第一大根湯を「適量」
飲んでください。

食べ物を消化するというのはフルマラソンを走りきる
ぐらいの代謝エネルギーを使ってしまうのです。

なので、ふつうに食事をしていたら、治したい風邪や
胃もたれも治りが遅くなってしまいますし、

第一大根湯が内臓を治すことに使われず、食べ物を
消化することに使われてしまいますから。

1食や2食、ごはんを食べなかったからといって
死ぬわけじゃありません(笑)

犬や猫やライオンなど自然界の動物たちは、ケガや病気に
なったら何も食べずに寝て治すのですから。

私たち人間も本来の自然治癒力に頼ってみましょう。

その他、女性特有の諸症状やアレルギーの改善のために
飲む場合は、飲む時間などの決まりはなく、基本的に体が
「飲みたい」と感じる時に飲むのがよいそうです。

朝食の代わりにこれを飲むと、お腹が温まりポカポカに
なるので、朝のだるさ、肩こり、生理痛には即効性があります。

体を冷やすコーヒーなどのカフェイン飲料よりも
ずっと元気が湧いてきますよ。

「本当かな??試してみようかな?」と思っている方、
試してみなくちゃ始まらない。

sayu11

 

 

 

 

 

 

 

 

第一大根湯の各材料の効果と効能

【大根】特にすりおろした大根には「ジアスターゼ」と
いう消化酵素が含まれており、消化不良を起こした食べ物の
分解を促したり、食べ物に含まれる有害物質を吸着して
排出する役割もあります。

揚げ物や焼き魚に大根おろしを添えるのには、油の
消化分解を促す役割があるからです。

そして大根には消炎作用もあり、のどの粘膜を修復し、
咳を鎮静させてくれる効果が有名。

昔からお婆ちゃんが作る大根あめは「咳止めぐすり
(または、のどの薬)」として重宝されています。

39d798f02617b8d8cc3a09214519415f3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【生姜】生の生姜には消化促進、殺菌・抗炎症作用が。

加熱した生姜には体を温めるショウガオールが含まれます。
生姜、大根おろし、ネギ、大葉など薬味には「薬」という
字が入っています。

食べものは薬にもなるし、悪いものであれば毒にもなります。

2015.05ブログ用イラスト(生姜2)

 

 

 

 

 

 

 

 

【醤油】醤油には殺菌作用とタンパク質を分解してくれる
酵素やアミノ酸がたくさん含まれています。
(だから刺身には醤油をつけて食べるんだそうです!)

先人の知恵は理にかなっているということですね。

もちろん、長期発酵熟成を経て作られた本醸造醤油を
使って下さいね。

2ヶ月やそこらで出荷されてしまうようなニセモノの
醤油には酵素は生きていません。

3pvbdmv

 

 

 

 

 

 

 

そしてカフェインレスの番茶にはビタミンCや殺菌・
抗炎症作用のカテキンがたっぷりと含まれています。

第一大根湯でこの冬を元気に過ごしましょう!

「NEVERまとめ」より参照

コメントを残す

このページの先頭へ